グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



HOME >  施設紹介 >  断夫山古墳

断夫山古墳


このエントリーをはてなブックマークに追加



ヤマトタケルとミヤズヒメのロマンを今に伝える史跡です。
所在地 愛知県名古屋市熱田区旗屋1-1014
所有者 愛知県
指定年月日 昭和62年7月9日
概要 形状 前方後円墳
全長  151m
前方部の幅:116m
後円部の直径:80m
高さ  前方部:16.3m
後方部:13m

史跡とは

史跡とは、私たちの国の歴史を知る上で欠くことができず、またその学問上の価値もきわめて高い遺跡などのことです。

経緯

断夫山古墳は、永らく熱田神宮の所属地として管理されてきました。
第二次世界大戦後、名古屋市の戦災復興事業として仮換地され、昭和55年に愛知県の所有になりました。この間、愛知県都市公園として整備がすすめられました。
昭和62年7月9日に国の史跡に指定されました。

ヤマトタケルと断夫山古墳

『古事記』『日本書紀』では、「ヤマトタケルは東征の折、この尾張の地で豪族の娘ミヤズヒメと結婚の約束をかわしたが、東征の帰途病気がもとで死に、白鳥となり飛去った」とあります。
この白鳥となったヤマトタケルの墓が白鳥古墳であり、ヤマトタケルへの思いをいだいて死んだミヤズヒメの墓がこの断夫山古墳であると伝えられています。この事から夫を断つ山、断夫山古墳と名前がついたそうです。

断夫山古墳と尾張氏

前方後円墳の形は大和王朝が伝えた墳形です。古墳の大きさは葬られた人物、その権力をうけ継いだ人物の支配力の強さを語っています。
断夫山古墳の大きさから、大和王朝と密接に結びついた、尾張地方の強大な支配者であることが考えれます。『日本書紀』によれば、尾張連草香(おわりむらじのくさか)の娘であったメコヒメが継体天皇(けいたいてんのう)の妃になったとあります。これらの事から熱田台地に本拠地をおいていた尾張氏の墳墓と考えられるのです。

正式な発掘はなく手がかりは少ないですが、他の古墳との関係、墳形、わずかな出土品などから推測すれば、5世紀末から6世紀初頭に築造されたものと考えられます。

お問い合わせは

愛知県教育委員会生涯学習課文化財保護室保護グループ
TEL:(052)954-6783